餃子の具の残りで!あっさりフォー
餃子の具×パクチー×トマト

みなさんこんばんは☆今日も1日お疲れさまです!

以前、手作り餃子のレシピをご紹介しました。
皮から手作りするくらい、餃子LOVEな我が家。毎回大体の分量を目安に作っても、具が余ってしまうことがあります。みなさんもきっと、余った具をどうしよう?と悩んだことがあるのではないでしょうか。

余った具は冷凍して、次回の餃子デーまで取っておくことも一つのアイデアでしょう。しかし、いったん凍らせるとキャベツの水分が出て、かなり水気のある具になってしまったり、解凍の手間もかかります。

そんなときは、作ったその日にミートボールにしておくと、色んな料理に使えてとっても便利です!しかもふわふわでおいしい♪
私は表面をごまでコーティングしてから焼いたものが特にお気に入りです。

今日はこの餃子ミートボールを使ったフォーをご紹介します。とっても簡単に、あっさりおいしいフォーができますよ☆
パクチーを加えると、ぐっとエスニック感が増します。苦手な方はネギでもOK。そして、トマトをスープに加えることで、爽やかな酸味と旨味が増します。ちょっとミネストローネみたいな国のある味わいになります。

ブイヨンは牛がおすすめですが、鶏ガラでもOKです!

餃子の具とトマトのフォー

Servings: 2

Ingredients

  • 餃子の具の残り 100g~150g
  • ごま 少々
  • パクチー 1束
  • トマト 中1個
  • ネギ お好みで
  • 牛ブイヨン (または鶏がらスープ) 1L分
  • フォー 2人前

Instructions

  • トマトは8等分に切る。パクチーは茎を取り除く。ネギを入れる場合は細かく切る。
  • 餃子の具の残りを一口大に丸める。少しつぶして表面を平らにする。表面にごまをまぶす。フライパンに油をひき、餃子の具を中に火が通るまで焼く。
  • 別の鍋に油をひき、トマトを炒める。
    水1Lを加え、沸騰したらブイヨンを加える。塩こしょうで味を調える。
  • フォーをゆで、水気よく切る。つるっとした食感を楽しみたい場合は、いったん水洗いした後熱湯をかける。
  • 深めの鉢にフォーを入れ、スープを注ぐ。ミートボールとパクチー、ネギを飾ってできあがり。

味があっさりしすぎているときは、ニョクナムと酢、にんにくやトウガラシを加えてもおいしいです。

Leave a comment!

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.