野菜たっぷり!
おかずパンケーキ

野菜をどうやってたくさん摂るか、というのは私の料理のモットーの一つでもあります。考えてみてください。私たちの肌、髪、爪、身体の全てのパーツは食べるものからできているんです。油っぽいものばっかり食べすぎると吹き出物ができたり、逆に油分が少ない食事ばかりしていると肌がかさついたり、身体は食べ物に敏感に反応します。実際肌や髪を作っているのは食べ物だから、外からのスキンケアばかりに頼らず、食生活を見直すことで改善される問題はたくさんあると思います。ニキビができて慌てて薬を塗るのではなく、ニキビを作らせないように食事に気を遣う、といった感じに。
そして外から見えるパーツだけでなく、心臓も、脳も、血液も、身体に収まっているありとあらゆるものが、外から取り入れた栄養でできています。脳という一つの臓器が感情、思考、運動など様々な機能を伝達していますが、その脳だって栄養がなければ働きません。だから、身体にいい食生活をすることは、ただ単に体力としての健康を維持するだけでなく、明瞭な思考や豊かな感情を創り出すことにも繋がっているのでは?と思うのです。
厚生労働省によると、一日の野菜の摂取量は350g出典)。レシピを書いていて思いますが、350gってなかなか多いです。にんじん1本は大体130g。トマト1個は150g。ほうれん草などの葉物はボール一杯にもりつけても、せいぜい100gにしかなりません。これらの野菜をどうやって効率よく、そしておいしく摂るか?その解決策の一つとして、今日のレシピを紹介します!
野菜は、冷蔵庫にあるものなんでもOKです。おすすめはビーツにんじんなどの根菜類を入れること。甘味がぐっと増しますよ。特にビーツは生地がかわいいピンク色になるので、見栄えもして一石二鳥です。
火を通りやすくするため、すりおろして入れること、フライパンの上でぎゅっと押して薄くすることがポイント!

野菜のパンケーキ

Ingredients

  • にんじん 1本 (130g)
  • ズッキーニ 半分 (130g)
  • ビーツ 1個 (130g)

  • ほうれん草 80g
  • 卵 2個
  • 小麦粉 120g
  • 水 150ml
  • 野菜スープの素 5g
  • 野菜スープの素 5g

Instructions

  • にんじん、ズッキーニ、ビーツを粗くすりおろす。フードプロセッサーを使うと簡単。
  • ボールに小麦粉と野菜スープの素を入れ、卵を割り入れる。水を半分加え、だまにならないようかき混ぜる。残りの水と塩こしょうを加え、さらに混ぜる。
  • 生地にすりおろした野菜とほうれん草を入れ、ざっくりと混ぜる。
  • フライパンを熱し、油をひき、生地を乗せ、直径12センチほどの円形にする。野菜が均等に広がるよう、へらなどでぎゅっと押す。中火で3分ほど焼き、ひっくり返してまた3分ほど焼く。火の通りが心配なときは、フライパンにふたをして蒸し焼きにする。
  • もう一度ひっくり返し、1分ほど置いたら完成。切って盛り付けてね。

Notes

プロテインを摂りたい人は、小麦粉の一部(20gほど)をきな粉に替えてもOK。ただし生地は少しぼそぼそします。

Leave a comment!

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.