豚バラとピーナッツのエスニック焼きそば

ドイツに来てから、エスニック料理を作る機会が多くなりました。というのも、アジア人が結構住んでいるので、アジア食材店やアジアンレストランが多いのです。

最近ではスーパーでもアジアンコーナーの品ぞろえがよくなってきました。原産国がタイやベトナムのものが多いですが、よく見ると面白いものがたくさん!レモングラスのペースト、ココナッツクリーム、グリーンカレーペースト、チリソース。香り豊かな調味料が所狭しと並んでいます。

先日近所のベトナム料理屋さんで食べた、牛肉のピーナッツ炒めがおいしかったので、今日はピーナッツの香ばしい香りただよう焼きそばを作ってみました。メインの具は豚バラにしましたが、どのお肉でも合うと思います。

ところで、バイエルンの郷土料理には豚肉を多々使用します。というか、豚肉そのものです(笑)。豚にはちょっとうるさいバイエルン人。そのせいか、ドイツで売っている豚肉は、めちゃくちゃおいしいです!面白いことに、スーパーのお肉屋さんで豚バラを注文すると、皮つきのものが出されます。その皮をどうするかというと、もちろん食べます!バイエルン州の郷土料理にシュバイネブラーテンという豚をビールのソースと一緒にグリルした料理があります。皮つきの豚肉にソースをかけながら、オーブンで数時間じっくりと焼きます。その時、皮がパリッパリになるのがポイント!バリバリと噛み応えのある皮は、噛むたびに味わい深く、とてもおいしいです。

しかし、皮をパリパリにする技術は家ではなかなか難しく、他の料理に応用するすべをまだ見つけていません…。今回は皮を取って調理しました。

今日の料理のポイントは、影の主役、ライムです。ピーナッツのソースは重量感があり、独特の甘い香りは食べているうちにだんだんと飽きがきてしまいます。そこで、仕上げにライムをひと絞りふりかけることで、酸味のメリハリがつき、最後まで飽きずに食べることができます。ライムのさわやかな香りも、エスニック料理の雰囲気をぐっと盛り上げてくれますよ♪

豚バラとピーナッツのエスニック焼きそば

Servings: 2 人前

Ingredients

  • 豚バラブロック(または薄切りでも) 200g
  • にんじん 1本
  • パプリカ 半分
  • ズッキーニ 半分
  • スナップエンドウ 10~15個
  • しょうが 10g
  • にんにく 1片
  • トウガラシ お好みの量
  • 焼きそばの麺 2人前
  • ココナッツオイル 大さじ1
  • ピーナッツバター 大さじ2
  • しょうゆ 大さじ2
  • 砂糖 大さじ1
  • 水 大さじ5
  • 魚醬(ニョクナム) 小さじ1
  • ライム 半分

Instructions

  • 豚バラを5㎜幅に切り、塩こしょうをふる。
  • にんじんは短冊切り、ズッキーニとパプリカは太めの千切り、エンドウは半分に切る。にんにくとしょうがはすりおろす。
  • 小さめのボールにすりおろしたにんにくとしょうが、ピーナッツバター、しょうゆ、砂糖、水を加えよく混ぜる。
  • にんじんは火が通りにくいので、耐熱容器に入れ、レンジで温めて柔らかくしておく。
  • 麺をゆでておく。
  • フライパンを熱し、ココナッツオイルをひき、豚肉を炒める。豚肉に火が通ったらいったん鍋から取り除く。
  • 同じフライパンにに野菜とトウガラシを入れ、強火でさっと火を通す。
  • 豚肉をフライパンに戻し、麺と②で作ったソースを加え、サッと混ぜる。麺がよくソースと絡むように。仕上げに魚醬を加える。
  • 皿にもりつけ、ライムを絞る。

Bon appétit!

Leave a comment!

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.