秋の味覚をもう一皿
かぼちゃ×チーズ×アーモンド

秋もだんだん深まってきた今日この頃。スーパーでよく見かけるのは、なんといってもかぼちゃ!今日は旬のかぼちゃを使った、ささっとできるレシピをご紹介します。

かぼちゃのやさしい甘味にはチーズとアーモンドが相性バツグン。チーズとアーモンドは2つとも味や食感に特徴があるので、少し加えることで味がより複雑になり、普段のかぼちゃもおいしく頂けます☆

アーモンドはざく切りにしてから、170度のオーブンで5~10分ほどローストすると、香りが倍増します!時間のある日はぜひこのひと手間を加えてみてください。
もし作り置きする場合は、作る段階ではアーモンドは加えず、食べる直前に加えると、カリカリの食感がなくならずにすみます☆

チーズは、今回はヤギのチーズを使いました。こんなふうに真っ白なんです。味は酸味と独特な臭みがあります。これこそがヤギのチーズ!という味。いったん食べると忘れられません。
この独特な味はヤギのミルクに含まれている脂肪酸がもとになっており、牧草以外の植物も食べるヤギの特徴とも言えます(出典)。
確かに、ヤギはどこでもいるんですよね。牧場だけでなく、野生の草が生い茂るアルプスの険しい山や、ギリシャなどの地中海に広がる、乾燥した牧草地やオリーブ畑にもいます。

ヤギのチーズのもう一つの特徴は、ずばりその食感!中心の真っ白な部分は、まるでチーズケーキのようなほろほろ&しっとりとした食感です。皮に近くなるにつれ、水分度が増し、口に入れるとすっと溶けます。この食感はクリームチーズよりもあっさりとしており、どんどん食べられます。ワインが進む進む…(笑)。

かぼちゃは種類はどんなものでも構いません。今回はバターナッツというひょうたんのような形をしたかぼちゃを使いました。日本でよく売られている赤皮かぼちゃと比べると、水分が多くさっぱりした味わいです。どちらかというとウリに近いかも。


水分の多いかぼちゃを使う場合は、ゆでずに蒸すといいでしょう。
ところで、我が家にあるやや原始的な炊飯器は、かぼちゃを蒸すのにぴったり!お釜の部分に水をはって、専用の金属の皿の上に蒸したいものを乗せ、スイッチをオンするだけで、簡単に蒸し器になります。炊飯器としてはやや物足りないところもありますが、結構重宝しています(笑)。

かぼちゃとチーズとアーモンドのサラダ

Ingredients

  • かぼちゃ 300g
  • チーズ 40g
  • アーモンド 20g
  • 砂糖 小さじ1
  • 塩こしょう 少々

Instructions

  • かぼちゃはゆでて、水気をよく切りつぶす。つぶし加減はお好みで。
  • チーズは角切りに、アーモンドはみじん切りにする。
  • 材料全てを合わせてできあがり。

Bon appétit!

Leave a comment!

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.