夏にぴったり!きゅうりのサラダ

日本は梅雨に入りましたね。ドイツに来る前は全国でも降水量が多い地域に住んでいたので、そのじめじめとした雰囲気はよく覚えています。学校の木の机から漂う、じっとりとした匂い。湿気でよれよれになった答案用紙。楽器も湿気で音が変わってしまうくらいでした。そこら中からキノコが生えてきそう。。

ドイツに住んでいてよかった!と思うことの1つは、夏が涼しいことです。太陽光線が強く、じりじりと焼けるような暑さはありますが、からっとしていて、汗をかきません。木陰に入ると、涼風がふいてきて、なんと心地の良いこと。だからビアガーデンは繁盛しますね。

食欲のない夏にぴったりの!というよりは、夏の気分を盛り上げてくれる料理を作るようになりました。きゅうりを使ったサラダは特にお気に入り。ドイツのスーパーで見かけるきゅうりは長さが40センチほどもあり、皮も種も固め。皮は縞々になるように間隔をあけながらピーラーでむいて、種はスプーンで取り除いてから2~3mm幅に切ると食べやすくなりますよ。ニンジンは皮をむいたら、そのままピーラーでスライスしてリボン状に。彩が良くなります。お好みでゴマや赤唐辛子を加えてもグッド!
ドレッシングはオリーブオイル大さじ2、ホワイトバルサミコ酢大さじ1、塩少々で作りました。簡単!

Leave a comment!

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.