フランス料理は難しくない?ラタトゥイユ

「フランス料理」と聞くと、精緻なお品が1品ずつ出てくる、とても手の込んだコース料理を思い浮かべる人は少なくないでしょう。私もそうでした。旦那と出会う前までは…。

「日本と言えばSushi」というステレオタイプがありますが、私たち日本人は毎日お寿司を食べているわけではありませんよね。フランスも一緒です。 実はフランスの家庭料理はとってもシンプル。 素材の旨味を最大限に引き出すため、色々な工夫は必要ですが、手間はそれほどかかりません。

その中でも最もシンプルな家庭料理の一つに、ラタトゥイユがあります。ラタトゥイユとはプロバンス地方発祥の野菜の煮込み料理で、フランス人の旦那曰く、作り方に特別なルールはないとのこと。トマトとハーブ、にんにくで作るベースがあれば、野菜は基本的に何を入れてもOKです。プロバンスは暖かい地域なので、夏野菜をふんだんに取り入れると、とてもおいしくできます。

ポイントはシンプルであること。ついつい調味料を色々入れてしまいそうになりますが、ここは潔く、塩・コショウのみで作ってみてください。トマトの酸味、パプリカの甘み、ズッキーニのみずみずしさ…野菜そのものの旨味を存分に味わうことができますよ!

ハーブは、Herbes de Provence(エルブ ド プロヴァンス)という、プロバンス地方で典型的に用いられるハーブのミックスを使います。ドイツのスーパーにもKräuter der Provence (クロイター デア プロヴァンス)という品名で、このハーブミックスが売っています。タイム、ローズマリー、バジル、マジョラン、オレガノ、エストラゴン、シャク、ラベージが含まれています。知らないハーブもちらほら…。もしこれらのハーブが入手困難な場合は、タイム、ローズマリー、オレガノなど、お手元にあるハーブで試してみてくださいね。

今回は、トマト、玉ねぎ、パプリカ、ズッキーニ、にんじんで作ってみました。ご飯とイカの白ワインソテーを添えて☆あっさりしていて、とっても美味でした!

フランス人の旦那に「これは本物のラタトゥイユの味だ!」と言ってもらえたレシピです♪ぜひご参照ください。

ラタトゥイユ

Ingredients

  • トマト中 4、5個(約400g)
  • パプリカ 1個
  • ズッキーニ 1本
  • 玉ねぎ 1個
  • にんにく 1片
  • 塩 小さじ2分の1(お好みで調節)
  • コショウ 少々
  • ハーブミックス 小さじ1
  • ローリエ 1枚
  • オリーブオイル 大さじ2
  • 水 100ml

Instructions

  • トマトはヘタの部分を十文字に切り、熱湯に5分ほど入れ、湯むきする。
  • 野菜を一口サイズに切る。切り方は自由。にんにくはすりおろす。
  • 鍋を熱し、オリーブオイルをひき、トマト、にんにく以外の野菜を入れる。塩コショウをし、しんなりするまで炒める。
  • トマト、にんにく、水、ハーブミックス、ローリエを入れ、20分ほど中火で煮込む。
  • 最後に塩で味を調える。

Notes

ナスやそら豆などを入れてもおいしいです。

Bon appétit!

Leave a comment!

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.