パスタスープの季節。おいしいスープを作る秘訣!
残り野菜×パスタ×チーズ

みなさん、こんばんは☆
ドイツは強烈に寒くなってきました。朝うっすらと雪が積もっています❆❆

寒いときには、やっぱりスープですよね♪

フランスではスープとサラダが同時に食卓に並ぶことがないそうです。夫いわく、「スープとサラダは同じようなものだから、必ずどちらかしか出ない。両方出ると、似たようなもの食べてるな~という感覚になる」のだとか。
う~ん。よく分からない。。
野菜もたくさん摂れるし、スープとサラダ両方あってもいいと思うのですが…。

ということで、我が家ではサラダとスープが同時に食卓に並ぶことがないので、スープのときはとことん!野菜を入れます。
特に冷蔵庫に野菜が色々残っているときは、スープにすると一気に使えてとても便利♪

しかし!一つだけ困ったことが。
それは、スープだけではお腹いっぱいにならないこと(泣)。別に主菜を作るとなると、それはそれで面倒です。
お昼なんかはスープでささっとすませたい!そして腹持ちが良ければなおさら嬉しい!

そんなとき便利なのは、ずばりパスタ
炭水化物が入ることで、満足感が得られ、腹持ちも断然よくなります☆しかも、パスタをそのままスープに投入することで、ゆで汁が程よいとろみを与えてくれ、ほっこりした味わいになるのも嬉しい♪
パスタはどんなパスタでも使えますが、私のお気に入りは、極小のショートパスタ
直径7mmほどの小さなパスタや、糸のように細く、短いパスタなど、ドイツのスーパーにはスープに入れる用のパスタも充実しています。

今回使ったのがこのショートパスタ。
丸い貝殻のような形をしています。こんなに小さいのに、ゆで時間は7分(長っ!)。

おいしいスープを作るポイントもいくつかお伝えします♪

① 野菜は煮る前に必ずいためること!
野菜を炒めることで甘みが増し、後から煮込んだ時にその旨味がスープに移ります。特にたまねぎなどは炒めると風味が増し、とてもいいダシが出ます!

② 香味野菜を入れる!
味にメリハリを持たせるために、香味野菜を入れましょう。たまねぎ、セロリ、ネギなど、香りの強い野菜を入れることで、味にインパクトが出ます。
今回入れた野菜は以下のとおり。
かぼちゃ
パプリカ
たまねぎ
白菜

③ ハムやチーズを足す!
スープはとっても軽い一品。立派なおかずとして食べたい場合は、ハムやチーズを入れると良いでしょう。野菜だけだと少し寂しい味わいになりますが、肉類や乳製品が入ることで、ぐっと満足感が増します。

こんなふうに、食べる直前に上にかけて♪ ハムの塩気もいい感じです。

ではでは、Bon appétit!


Leave a comment!

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.