バンバンジーのたれを手作りしてみよう!

最近珍しく外食続きだったので、何かさっぱりしたものが食べたくなってきました。

お腹と相談して、今晩のメインはバンバンジーに決定!日本だとおいしい胡麻ドレッシングがスーパーで手に入りますが、ドイツにはおいしいドレッシングはありません(涙)。我が家はサラダのドレッシングやたれ類は全て手作りです。いつも実験のように分量を調節しています(笑)。

バンバンジーはたれを手作りすることで、何倍にもおいしくなりますよ!少しの手間をかける価値があります。

バンバンジーにはやっぱりきゅうり!ドイツのきゅうりはとても太く、皮がごわごわ。でも色合いとして皮があった方がきれいなので、私はいつもしましまにピーラーでむきます。

シマシマにむくと色合いがきれいでしょう?
バンバンジーと言えば千切りのきゅうり。細い方がたれがよく絡むので、上の図のように、まず斜めに切るときは幅2ミリくらいにしています。よーく切れる包丁でトライ。

千切りのときも同じように、幅2ミリくらいにしています。いい感じに仕上がりました!

続いてたれ作りにとりかかります。ドイツのスーパーで手に入るごまは炒ってないので、まずフライパンで炒ります。パチパチとごまがはじける音が軽快♪フライパンをゆすりながら全体にまんべんなく火が通るように。ごまが少し色づいてきたらOKです。

炒ったごまはすり鉢ですります。いつも仕事でやっている作業(上司にごまをする)ですね。手慣れたもんです(笑)。

準備が整ったところで、秘伝のたれレシピを紹介しましょう!

ピリ辛バンバンジーのたれ

Ingredients

  • すりごま 約50g

  • オリーブオイル 大さじ3
  • しょうゆ 大さじ2弱
  • 砂糖 大さじ1
  • 豆板醤 小さじ1
  • 水 大さじ4

Instructions

  • 材料を全て混ぜるだけ!

Notes

味濃いめなので、たっぷりの野菜と鶏肉でお召し上がりください。
 

今回はラディッシュときゅうり、トマトと一緒に食べました。ピリ辛のたれと野菜がマッチしてとてもおいしかったです!

外食続きで思いましたが、年齢が上がるにつれて、脂っこいもの、がっつり肉料理を食べると次の日胃がムカムカしてしまうことが多いんですよね~。お肉大好きですが、お肉を食べたらその2倍は野菜を摂るよう心掛けています。
真っ赤に熟したトマト、みずみずしいきゅうり、しゃきしゃきのラディッシュ…目で見て「あぁ、おいしそう!」と思うものは、きっと体にもいいと信じて食べます。そうしたら体も「ありがとう!じゃあもう少しがんばるよ!」と元気が出てくるよう。

今日は日曜日。おいしいバンバンジーを食べたから、きっと明日もフルパワーでがんばれます!
皆様も良い一週間を!

Bon appétit!
Azu

Leave a comment!

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.