ドイツできな粉発見!
What is “Kinako”?

(See below for English version)

今日はヨーロッパにお住まいの皆様にどうしても伝えたいことがありまして…
先日、スーパーでドイツ版きな粉を発見してしまいました!!
きな粉もちにきな粉アイス、きな粉せんべい… 和菓子に使われている、定番のあの味。「心のふるさと」とも言えるあの優しい甘みと豊かな風味。これをどれだけ恋しく思っていたことでしょう!
パッケージには、「Soja Mehl(ゾーヤメール:大豆の粉)」と書かれており、これはもしや!と思い購入。Bioしかもグルテンフリーというのが嬉しいですね。Alnatraというのはドイツ発祥の大手オーガニックフードブランドです。独自に店を構えていたり、スーパーのオーガニックコーナーに製品が置かれていたりします。

さっそく開封!見た目は日本のきな粉より少し色が薄めで、小麦粉のようにさらさらしています。

そして実食!
おお!これは!!
味も風味も、申し分ないほどきな粉でした。強いて言うなれば、きな粉独特のざらっとした食感が少し滑らかで、パサパサしていることでしょうか。少し違和感は残りますが、きな粉として十分に活用できそうです。
ドイツ人たちはどうやって食べるんだろう…色々なレシピの可能性に思いをめぐらせながら、久しぶりの嬉しい発見ににんまりが止まりませんでした。

Hey guys! Today, I’d like to introduce a very common and widespread Japanese ingredient called “kinako”. Kinako is made purely from soy beans: roast soy beans and grain them very finely into powder. Usually it is used for Japanese traditional sweets such as a rice cake and a rice cookie. The gently sweet flavor of kinako recall me my home.
Last week, I found a kinako-like product in supermarket! On the package, it was written as “Soja Mehl (soy flour in German)”. It was a product of Alnatura, a famous German organic food brand. I was curious if it taste really the same as kinako. So, I bought it and tried it at home.
Luckily, the taste was quite similar to those of kinako!
I’m very interested in what European people cook with this soy flour 🙂 It was a good finding anyway!

Leave a comment!

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.